崖のはしっこに立っているとか、高いビルの窓からを外の方を見る時、自分の手から汗が流れ出しているのではないでしょうか?

 

あるいはたくさんの目の前で対話している場合も同じでしょう。

 

あなたのことを紹介した方はあなたと握手をおこなうかもしれないのですが、あなたの手のひらは水を吸い込んだスポンジと比較して汗でいっぱいになっていて、お手洗いより出てきたばかりでない事を臨むかもしれないですね。

 

一体何が起こっていると思いますか?

 

過度な手汗と手掌多汗症

医学的な立場から、手のひらにあり得ないほど発汗しているっていうのは「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」として有名です。

 

多くのケースはこの原因は二つの全く異なる状態に関連しているのです。

 

感情的なプレッシャーと、あなたのカラダが温度調節をしようとした結果になります。

 

興奮状態か、血の気が引くか、神経質であるケースでは、手掌多汗症が発生する原因は神経からの決められた種類の汗腺に対するストレスなのです。

 

この要因をわかりやすくさせるために、全然違う汗腺の種類とこれらが生じさせる汗に関してお伝えしていきます

 

手汗と汗腺の関係

 

現代人は3種類の汗腺を確立しています。エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂汗腺になります。

 

この3つの種類の汗腺はトレッドミルで動くといったような同じ行動を取ることによって発汗しますが、バンジージャンプの台のはしっこに立っている際にどうして手汗をかくかを分かる為のポイントが存在します。

 

3種類の汗腺エクリン汗腺は自分の汗腺の大半を占めているのです。

400万の汗腺の中においておおむね300万はエクリン汗腺になります。

 

エクリン汗腺の中心的な働きは体温をコントーロールすることです。

 

エクリン汗腺がとりわけ重点的にあるカラダのパーツは足の裏、手のひらとおでこになります。

 

わかりやすく言うとあなたがひどい手汗をかく元凶となる汗腺ということです。

 

エクリン汗腺が刺激されると大気中に蒸発する無色で臭い無しの気体を放ちるのです。

 

そのうえでこの理由により、自らの体温が高まった際に、クールダウンさせると考えます。

 

アポクリン汗腺は主としてわきと陰部に存在します。アポクリン汗腺は一層凝縮で、油性がある気体を放ち、この気体は毛を包みこみます。

 

自らのお肌におけるバイ菌はその期待を分離する結果として、きちんとシャワーを浴びないときに放出する人間が感じ取る匂いが発生します。

 

哺乳類にいながらこの油性の気体はグループを引きつけるフェロモンのはたきら記を行なうか、その他の哺乳類に対しての注意信号といった様な威力があると想定されます。

 

皮脂汗腺もメインにわきと陰部にあるのです。

 

皮脂汗腺は思春期の間で活発化し、エクリン汗腺より早く汗をかきます。

 

興奮すると脳から信号が送られる

それではどうしてあなたが興奮していたりとか、プレッシャーを感じ取っている際に手のひらが汗がしたたると思いますか?

 

あなたの手のひらのエクリン汗腺が交感神経系により体温を制御する様に刺激されている際、エクリン汗腺は視床下部という脳の領域よりの信号を読み取ります。

 

反面、我々が興奮している場合では、信号を送る脳の領域は新皮質と辺縁系と言われているのです。

 

これらに関しては非常に大きいからキチンとした領域は判明していませんが、扁桃体、前頭葉前部皮質、島皮質、帯状束と言われている領域だというのが一般的です。

 

「信号が脳のいずれの領域から来るかが重要です」とあなたは疑問を感じることもあるでしょう。

 

あなたが崖のはしっこに立っている際、あなたの手のひらが発汗する原因は、こういった答えなんです。

 

興奮すれば手汗をかくのは当たり前

これらの知識を身に付けて、どうして自然と進化が、これ程のおんなじ結果(手汗)を抱えているのと同様に映る特異的なメカニズムを作り上げたか、こんなふうに疑問を感じる場合もあります。

 

あなたがこれらの疑問を持つ最初の人間じゃないと思います。

 

ですがこういったキチンとした原因は論争の的に違いありません。

 

通常の考え方においては、ほんとにおんなじラインと汗腺を活用しているいくつかのリアクションが起こる極めて効率性の高いやり方によりあるかと言います。

 

感情的な発汗はお肌の外側の水分をセーブすることをサポートすることができる手汗が引き起こされます。

 

あながた動物を狩ってたり、敵と格闘しているとか、崖を上ろうとしているなどした場合、手汗はお肌に連動してドバドバと溢れることが想定されます。

 

このような凄まじい身体動作が行なわれている際、あなたの視床下部より発生する全身性発汗はカラダをクールダウンする事をサポートします。

 

更には、敵(動物)にフェロモン信号を放出する匂いも引き起こします。

 

フェロモンも自分が自然界に絶対必要な立場だという事実を隠れた相手に向けてアピールする事をサポートしてくれることでしょう。

 

おすすめの記事

手汗がひどい!皮膚科で治療する方法